ユウブログ

ユウブログ

ノウハウ・アニメ情報・ゲーム情報など発信中

【ウォークマン/NW-A55】デザインも音も使い勝手も完璧。でも惜しいところだってある【レビュー】

どうも,ユウです。

音楽をもっと良い音で聴きたい!

音楽を聴きながら外出すると、スマホだとデカすぎるからコンパクトなプレイヤーが欲しい!

さて、今回は上記の2つの理由から、購入した「ウォークマン NW−A55」をレビューしていきたいと思います。

それではどうぞ。

✅レビューにあたって使用したモノ

  • ヘッドホン:WH−1000XM3(レビューはこちらから)
  • イヤホン:MDR−XB55
  • 音源:MP3 or ACC

Twitterとこのブログを運営しています。お問い合わせはこちら

NW-A55┃概要

f:id:yuuotokujouhou:20210316111322j:plain

電源 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間 約4時間(満充電)
音質 デジタルアンプ「S-Master HX」,ハイレゾ音源対応
Bluetooth 標準規格 Ver.4.2
Bluetoothコーデック(受信) SBC,AAC,LDAC
Bluetoothコーデック(送信) SBC,AAC,aptX,aptX HD、LDAC
外部 Bluetoothレシーバー,USB DAC

youtu.be

NW-A55 ┃レビュー

スタイリッシュなデザイン

f:id:yuuotokujouhou:20210402145001j:plain

まず注目したいところはデザイン。

どうですか?スタイリッシュなデザインで、カッコ良さがこれでもかと言わんばかりに際立っていますよね。

f:id:yuuotokujouhou:20210402145313j:plain

f:id:yuuotokujouhou:20210402145338j:plain
ちなみにこんなふうに出来ています。

ちなみに僕は人気色のゴールドを選びました。うーん!カッコいい。

音質

一般人からしたら、高いプレイヤーを買ったのにも関わらず、ハイレゾ音源を持っていなかったので、あくまでも圧縮音源でのレビューとなりますが

もちろんスマホとは違い、音の一つ一つが深みのある音で高音はスーっと、低音はドンドンとメリハリのある響かせ方でめちゃくちゃ良いです。

ボーカルの声も透き通っているし、楽器の音も鮮明に聞こえます。

またBluetoothの接続時も、ノイズや劣化はあまり感じず、ここら辺はスマホと格が違うなといった印象でした。

後ほど記述しますが、自分好みの音に変えれるのも音楽プレイヤーらしく素晴らしいです。

自由自在に変化できる音質設定

NW−A55は音を自分好みに変えることが出来ます。例えば、

MP3やAACの音源をハイレゾ相当までアップコンバートする「DSEE HX」や、SONYが音楽を聞く際に推奨する「ClearAudio+」。

その他にも、

  • 「ダイナミックノーマライザー」→ 曲どうしの音量レベルを揃える
  • 「DCフェーズリニアライザー」低域をアナログアンプのような特性に近づける

これらの設定が施されています。

で、筆者がこれらの設定を試して試聴してみました。まとめると⬇

・何の機能もオンにしていない状態…一番マイルドな音。深みのある音がドンドン響いて気持ちが良い。


・各音質設定オン…高音域がよりハッキリとなめらかに鳴ってくれる。若干ボーカルが前に出てくる感じがする。


・ClearAudio…ボーカルとメロディーが分離して鳴っている感じ。それぞれの音域がハッキリと聴こえる。

まぁ音のプロでもなんでもないので参考程度でお願いします。個人的には一番変化のあるClearAudioが一番好きかも。

バッテリーの持ち

条件は以下の通り。

  • 音量は10〜25まで
  • ClearAudio+オン
  • 全て有線接続で試聴

この条件下の元でバッテリーの持ちを計測した結果このような結果となりました。

一回目:8.6時間

二回目:9時間

う〜ん。これは良い数字なんですかね。まぁ筆者にとっては満足いくレベルかな。

Bluetoothレシーバー

f:id:yuuotokujouhou:20210316113945j:plain

この機能はスマホBluetooth接続して、ストリーミングサービスの音楽をウォークマンで楽しんだり、スマホ内の音楽をより良い音で聴くための機能です。

使ってみた感想としては、まぁまぁ良いかもといったところ。

というのもUSB-DAC機能という、いわゆるBluetoothレシーバーの有線版みたいな機能もあるのですが、こちらのほうが接続も安定していて、音も良い気がするんですよね。

なので、便利さを重視するのならBluetoothレシーバー。高音質で楽しみたいのならUSB-DAC、という結論に至りました。

使い勝手

f:id:yuuotokujouhou:20210316114020j:plain

流石、音楽専用機。横に「再生と停止・スキップ・音量」などのボタンがあるので、わざわざ画面を見なくてもポケットの中から主要操作を行うことが出来ます。

また、アマゾンのレビューで目立っていた、動作のもたつき感はあまり感じず軽快な操作感でGOODです。

あとは…。コンパクトなので軽いし、邪魔をしないところですかね。普段から大きなスマホを持っていると、意外とコンパクトって大事だなと思います。

イマイチな点

このウォークマンは特にイマイチな点もなかったため、取り上げるかどうか迷いましたが、1つだけ気になる点があったので紹介します。

Bluetoothレシーバー時のバッテリーの減りが凄い

ここにBluetoothレシーバーの説明

体感としては、Bluetoothレシーバーを使うと、通常の使用よりも1,5倍はバッテリーを消費していそうな感じです。

ただ、接続時のコーデックがLDACだったので仕方ない気もしますが。

終わりに

どうでしたか?

買ってみた感想を一言でまとめると、「流石ウォークマン!」といった感じです。まぁ今どきウォークマンを必要とする方は、もしかすると少ないかもしれませんが

多少なりとも興味のある方は購入してみても良いかもしれませんね。

それではここまで見ていただきありがとうございました。

この記事は全てスマホで作られています。